新市場区分と選択手続きのスケジュール

東証市場再編

東証の市場再編は2022年4月に行われますが、それに向けて、現在東証市場の各市場に上場している企業は再編後に設けられるプライム市場・スタンダード市場・グロース市場のうち、どの市場に上場するかを選択しなければなりません。

この新上場区分への移行は、2021年9月から12月の間に行われることになっています。具体的には、どのように市場を選択し、手続きをおこなえばよいのでしょうか。

市場選択と選択手続きのスケジュール

  1. 2021年6月30日 移行期準備
  2. 2021年7月9日 適合状況の一次判定(一次判定で上場維持基準を満たさなかったときは、追加報告後二次判定を行う)
  3. 2021年9月1日〜12月30日 選択申請期間
  4. 2022年1月11日(予定) 上場会社の新市場区分の選択結果が公表される
  5. 2022年4月4日 移行日

適合に満たない会社も多い

東証市場再編に先立ち、東証側は、現時点での市場に上場している会社に対し、新たな市場区分の上場維持基準に適合しているかどうかを示す「適合状況の通知」を2021年の7月に行いました。

この通知においては、新規上場と同様の審査手続きを経ずに選択することができる市場がどこなのかについて通知されています。具体的には次のとおりです。

  • 一部・・・プライム市場・スタンダード市場
  • 二部・JASDAQスタンダード・・・スタンダード市場
  • JASDAQグロース・マザーズ・・・グロース市場

この通知を受け、会社側は、2021年9月〜12月の間に実際に上場を希望する市場区分を申請することになります。

新市場では新たに上場維持基準が設けられ、維持基準に達しない会社は上場廃止処分を受けることになります。この基準が現在の市場の廃止基準よりも厳しいことから、新市場に移行できない会社が多くあるのではないかということはニュースでも報道されていました。

そして実際に、2021年の6月末時点では、一部上場会社のうち、約3割となる660社以上の会社がプライム基準に達していないという発表が東証よりなされています。

不適合と判定されたら

二次判定を経て不適合と判定されたとしても、当面は経過措置によって一部上場会社もプライム市場に所属できる可能性はあります。ただ、そのためには、適合するために「上場維持基準への適合に向けた計画書」を開示する必要があります。

この計画書は2021年12月30日までに適時開示することが求められます。また、一旦提出して終わりではなく、上場会社が新市場区分の上場維持基準のすべてに適合するまでの間は定期的に見直し、進捗を開示しなければなりません。

新市場区分の選択申請について

上場会社は、2021年9月1日〜12月30日の期間に、どの市場に上場するかを決定し、取引所に申請しなければなりません。このとき、現在上場している市場と新たに選択する市場区分によって、必要な手続が異なります。

参考:新市場区分の選択に係る各種手続のご案内|株式会社東京証券取引所

新市場区分の選択手続き

新市場区分を選択したら、選択申請を行います。仮に選択申請が行われなかったときは、東証は以下のように対応するとしています。

市場第一部、市場第二部及びJASDAQスタンダードの上場会社はスタンダード市場、マザーズ及びJASDAQグロースの上場会社はグロース市場を選択したものとみなします。ただし、その場合でも所定の書類の提出を後日改めて行っていただきますので、期間内の選択申請をお願いいたします。

【新たな市場区分の選択に係る手続】選択期間内に新市場区分の選択申請が行われなかった場合は、どのように取り扱われますか。|JPX

新規上場と同様の手続きが必要な市場区分を選択したとき

選択先の市場区分によっては、新市場区分の選択申請に係る手続きが必要な場合と、新規上場と同様の審査手続きが必要となる場合があります。

ただ、新規上場と同様の審査手続きが必要となる場合でも新規上場基準に適合しないことが考えられます。この場合は、選択申請を行わなかった場合と同じく、次の市場を選択したものとみなされます。

  • 一部、二部、JASDAQスタンダードの上場会社はスタンダード市場を選択したものとみなす
  • マザーズ及びJASDAQグロースの上場会社はグロース市場を選択したものとみなす

ちなみに、上場会社が希望すれば、12月30日を超えても審査が継続されます。

TPMに上場を検討している経営者のあなたへ

本記事をお読みになり、具体的にTPMの上場を考えたい、あるいはより具体的なTPMの内容を伺いたいという経営者のために、現在パワーコンテンツジャパン株式会社ではフィリップ証券株式会社執行役員脇本源一様との面談のお約束のお取次をしております。面談料は特にかかりませんが、近い将来TPMに上場を検討している(決定でなくても構いません)経営者に限り、無料で面談の機会をお作りさせていただきます。脇本様とのご面談をご希望の場合は、下記フォームにご記入の上、内容を送信してください。弊社担当社員より、お会いする日程の調整をさせていただければと思います。

※面談の場所は、原則として東京(フィリップ証券株式会社)になります。ただし、すでにTPMに上場することをある程度決めている場合は、出張させていただくことも可能ですので、その旨送信フォームにご記入ください。
※アポイントのお取次は、経営者またはその企業の幹部の皆様に限ります。士業、コンサルタントとのお取次は致しませんので、予めご了承ください。
※パワーコンテンツジャパン株式会社は、フィリップ証券株式会社の正規紹介契約企業です。

    TOKYO PRO Market無料面談お申込み

    会社名必須
    役職
    氏名必須
    メールアドレス必須
    住所必須
    電話番号必須
    FAX
    現在の年商
    TPMへの希望
    その他お問い合わせがございましたらご記入下さい。

    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    TOP